銀行と融資

融資

不動産投資では、銀行や信用組合などに代表される「金融機関」の存在なしに、ビジネスの過程を進めていくことは、絶対にできないと言えるのではないでしょうか?普段、あなたが水道やガス、電気などのインフラ費用やお金の振込などで銀行を使うことがあると思いますが、不動産投資を始めて、実際に銀行から融資を受けようと思った際には、全く違う立場になることを理解しておきましょう。つまり単純化して言ってしまえば、会社員として銀行を利用する際にはいわゆるお客様になるわけで、銀行よりもある程度上の立場を採れるわけですが、逆に融資を行なってもらうという場合は、あなたは「下手に出る」という必要があるわけですね。もしも、あなたが物件について銀行に説明して、実際に融資を受けるかどうかの瀬戸際になった場合、人柄も含めて、しっかりと銀行にアピールをしておく必要があります。それはネクタイからスーツなど外見に関わる部分や、果ては言葉遣いまでもが属性の一環として見られていると言ってもいいでしょう。不動産投資を成功させる重要なポイントの一つは、銀行からの信頼を得ることなわけですから、以上のことに気を遣わずに投資計画を進めていくのは得策ではありません。当然のことですが、物件を購入する時に、銀行に初めて行くことになるわけで、インターネットや情報誌などを用いて、ある程度その銀行についての情報も知っておき、結果として一円でも計画に近い融資や、一ヶ月でも長い融資期間を得られるように努力をしましょう。とにかく、ある程度自分を取り繕ってでも銀行サイドにとって「善良で信頼に足る人」というイメージを植え付けられれば、融資の交渉は優位に進みそうです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *