事前に確認しておくべきこと

不動産投資

一歩踏み込んだ情報収集の技術として、資料請求と同時に不動産会社に質問してみるというのも良い方法と言えるでしょう。少し勇気は必要ですが、のちのちの値段交渉などのために有利な情報を引き出せるかもしれないため、やってみる価値はあると言えるでしょう。不動産仲介会社に電話をかける際、慣れてきたら少し会話をするつもりで追加情報を収集してみるのはいかがでしょうか。ここで聞き出したい情報としては、交渉を有利に進めるための情報であると言えるでしょう。例えば、同じような物件であったとしても値引きできる場合とそうでない場合があり、資料を見ただけでは判断できないと言えるでしょう。そういった場合「売却理由」「売却開始期間」「他の不動産投資家の反応」「仲介会社側が売りたいと思っている期間」などを質問し、交渉に使える情報を引き出せればラッキーと言えるのではないでしょうか。相続対策であったり、売主が他の場所に引っ越ししてしまったケースといった場合などでは、急いで処分したい場合が多いとされるため、値引き交渉ができることが多いとされているようです。反対に、数カ月前に買ったばかりなのに、すぐに売りに出しているような物件は、業者の転売目的であるケースが多く、値引き交渉に応じてもらえない場合が考えられるでしょう。また、売れ残っている期聞が長ければ、売主はあせっていることも考えられるため値引き候補として挙げられるでしょう。反響が多く、あまりに競争相手が多いといった場合には、勝つ自信がないかぎり、あきらめたほうが無難と言えるでしょう。思い通りの答えや質疑応答にならなかったとしても、情報はあればあるだけ有利です。まずは一歩踏み出して見てはいかがでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *