金利についての考え方

不動産投資の収益として、大きく影響すると言われているのが金利ではないでしょうか。投資前に知っておくべき最低限の知識として、金利の種類や仕組みを学んでおくことは、事業主として望ましいと言えるのではないでしょうか。住宅ローンの金利では、長期固定・元利均等払いが一般的と言えるでしょう。しかし、不動産投資といった場合には、金利の種類を選べるといった場合があるようです。金利の仕組みを知り、自身の投資戦略に合ったものを選択できるようにしておくと良いのではないでしょうか。金利の指標としては「短期金利」か「長期金利」が挙げられるでしょう。短期金利は、銀行の政策で決まっており、長期金利は、マーケットによって決まっているとされているようです。融資の金利を決める時、銀行では「変動金利」は短期金利を基準にしているとされ、「固定金利」は長期金利を基準にしているといった場合が多いようです。購入物件を、返済終了まで持ち続けたいという場合、長期固定金利が有利と言えるでしょう。固定金利というのは、期間中は金利変動といった問題を避けやすいという点があるからと言えるでしょう。しかし、期間の途中で一括返済するとペナルティーが課されてしまうため、選択する際にはよく考えてからにしましょう。購入後10年くらいで収支がマイナスになってしまうとされるため、そこでの売却を予定しているといった場合には、10年以内の固定金利にするか、変動金利を選択するべきと言えるのではないでしょうか。金利のスタイルにも様々あるため、将来のどの時点で収支がマイナスになってしまうかといったところを事前に予測しておき、経過を確認し、常に戦略を変えて行くことも必要と言えるのではないでしょうか。