賃貸時にかかる諸費用や税金

賃貸物件を運営していくと言った場合、運用のための維持費なども多種多様と言えるのではないでしょうか。各費用の内容や金額を把握しておくことは、不動産投資者として必須事項と言えるのではないでしょうか。不動産賃貸の際、運用や維持にかかる費用を「ランニングコスト」と呼び、「管理費」「修繕積立金」等があげられるでしょう。また、不動産購入後、定期的にかかるとされる税金には「固定資産税」「都市計画税」などが挙げられるでしょう。区分所有という形態でマンションを購入した場合には、管理組合に対し管理費や修繕積立金の支払いが必要になってくるでしょう。管理費とは、名前通り、マンションの維持や管理に利用される費用の事を指しているようです。これには、エレベーターやエントランスなど共用部分の清掃や保守点検料、また、共用部分の水道光熱費などが含まれていることがほとんどでしょう。定期的な修繕工事などにかかる費用を積み立てておくとされるものが「修繕積立金」と呼ばれており、外壁の塗り替え、給排水管の取替えといった修繕費用として使用されることがほとんどでしょう。ちなみに、マンション1棟を買ったという場合には、修繕積立金はありませんが、自分で独自に積み立てて行くと言ったことになるようです。積立金は、マンションの管理組合が話し合いのもとで決定しているとされており、組合の話合いによっては値上げが行われることもあるようです。当初の計画が狂ってしまわないためにも、不動産会社を通してでも、組合に連絡し、値上げ予定や積み立て状況を確認しておくことが望ましいと言えるのではないでしょうか。新築マンションでは、修繕積立金をわざと少なめに設定し、将来的に値上げすると言った可能性が高いため、よく確認しておくと良いでしょう。