買い付け申し込みのテクニック

買付申込書の提出は、交渉権を得るための第一ステージであると言えるでしょう。つまり、不動産投資で勝ち上がっていくためにはいくつかのテクニックが必要と言えるのではないでしょうか。買付申込書を出しただけでは、まだ交渉するかしないかを決めるだけの段階であると言え、まずは交渉可能になることが重要と言えるでしょう。人気の物件には、多くの買い付け申し込みが集まると予想されますが、その申し込みの中から交渉権を獲得し、実際に売ってもらえる人に選ばれる必要があると言えるでしょう。その際の基本中の基本と言うべき事は「ローン特約」を付けることと言えるでしょう。ローン特約を付けずに売買契約まで進み、最終的に融資が得られなかったと言う場合、ペナルティーとして手付金、または売買代金の10~20%を取られてしまうということがあるといいます。これは、不必要な大きな損失と言えるでしょう。ローンを使って購入するといった場合には、ローン特約は必ず付けておくことは基本であると言えるでしょう。もし不動産会社からローン特約について何も言ってこないという場合には、自分から付けることを宣言し、確実に契約書に入れてもらうことも大切でしょう。買付申込書を出した際、売主側に受け入れてもらえるかどうかは、こちらの買い付け申し込みの信頼性にかかっていると言えるでしょう。例えば、ローン特約を利用する可能性が高いと思われてしまえば、買い付け申し込みは受け入れてもらえないかもしれません。つまり、ローン特約を利用する際は、あらかじめ金融機関に打診を行い、融資利用について問題ないという内諾を受け取っておくことが大切と言えるのではないでしょうか。そういった事を経て、買付申込書を提出することにより、買い付け申し込みが通る可能性を高めるといったことができるようです。