融資の基礎知識

金融機関からの融資といったものには独特のシステムがあるとされ、不動産投資以外の場面では耳にしないような難しそうな用語が使われているようです。後に、銀行担当者と交渉する際にも必要となってくる知識と言えるので、しっかりと確認しておくことが大切と言えるでしょう。住宅ローンで自宅を購入したことのある人や、事業を経営しているといった人でもないかぎり、銀行から借金をする機会はあまりないと言えるでしょう。融資を受ける先は「銀行」などの金融機関からがほとんどでしょう。どの金融機関も同じというわけではありませんが、融資のハードルの高さと金利の高さといったものは反比例していると言えるでしょう。金利が低いほうが有利であるというのは説明するまでもないのではないでしょうか。組織のピラミッドの最上部に位置するとされているのが政府系金融機関であり、個人を対象としているのは1つの機関だけと言えるでしょう。融資のハードルは高いとされていますが、全期間固定金利であるというメリットも見られるでしょう。また、銀行から融資を受ける際にはさまざまな手数料がかかるとされていますが、政府系の場合はほとんどかからないと言えるでしょう。繰上返済にかかる手数料も同様のようです。しかし、融資は担保登記が終わってからの実行となるようで、お金を貸してもらえるのは物件を買った後になってしまうということが言えるでしょう。銀行であれば担保登記の前に融資が実行されるとされ、そのお金で決済することになるでしょう。そのため、政府系を利用する場合は、まずは身内に借りるなどするか、民間の金融機関などで短期のつなぎ融資を受けるなどして現金決済しておく必要があると言えるでしょう。