物件の取得方針を立てる

予算や間取り、利回り、駅からの距離といったように、収益物件と言えども多くの種類の物件があり、その分、多種多様なメリッ卜やデメリットがあると言えるのではないでしょうか。近年、インターネットなどで紹介されている収益物件などは数限りなくあるようですが、よく見てみると、価格もタイプもさまざまでしょう。そこで、物件の情報を検索する時には、自前に「どんな物件が欲しいのか」といった、大体のイメージを決めておく必要があると言えるでしょう。各状況を照らし合わせながら、投資する物件の取得方針を考えていくことが大切なのではないでしょうか。比較的手軽に不動産投資を始める場合に適しているとされているのは、区分所有マンションと言われているようです。また、これとは対照的に、小さなマンションやアパートを1棟そのまま買うという方法もあるでしょう。区分所有では「土地の持ち分が少ない」「建替えが自分ではできない」といった多くの制約があり、融資が獲得しづらいという点があげられるでしょう。そのため、不動産投資家からは敬遠されがちと言われていますが、逆に考えれば、競争率は高くないということも言えるのではないでしょうか。1棟ものの物件は、多くの投資家が狙っているとされているため、必然的に取り合いになることが多いと言えるでしょう。どちらかを選ぶのが良いかは、予算やスキルなどによって変わってくると言えるでしょう。区分所有物件を増やすところから初めて、ある程度、収入が得られるようになったら1棟ものに切り替えるというやり方も良いのではないでしょうか。戸建て住宅というものは、区分所有と1棟ものの物件の中間的な性質を持っていると言われているため、初心者は避けたほうが無難であると言えるかもしれません。