グロス利回り

「グロス利回り」と呼ばれているものは、不動産投資において、最も馴染みのある指標と言えるのではないでしょうか。「家賃収入」から自分の欲しいグロス利回りを逆算して購入希望価格を求める計算方法も覚えておくと役立つのではないでしょうか。グロス利回りは、他にも「表面利回り」「想定利回り」「見込み利回り」と呼ばれていることもあり、家賃収入÷物件価格×100といった計算式で算出できるようです。物件を購入する時や、日々の管理にかかってくる税金や諸費用等を一切含めないため、実際に手元に入ってくるお金を正確に表すものではないと言えるでしょう。しかし、計算が手軽であることから、よく使われる指標の1つとされているようです。不動産の販売資料や広告に掲載されている利回りは、「マイソク」と呼ばれ、多くがこの「グロス利回り」を指しているとされています。この計算式は、これとは少し異なった使い方もすると言われています。物件価格というのは決まったものではなく、広告などに掲載されている価格というものは、売主の希望額であり、実際には値引きが可能であるものも多いとされているからでしょう。さらに家賃も、現時点の金額が引き続き入ってくるとは限らないと言えるでしょう。そこで、家賃や利回りを自分なりに想定し、逆算して購入価格を求めていく作業が必要になると言えるでしょう。その際、応用できるのがグロス利回りの計算式と言われています。まず、自分の欲しい物件をリサーチします。類似物件と比較し、それをもとに家賃の仮説を立て、次に自分の希望のグロス利回で物件の購入希望価格を決定して行くようです。このように物件価格は自分で算出することができ、利益の上がる投資の計画のためには、活用すべき計算式だと言えるのではないでしょうか。